2013年08月11日

8/10(土)穏やかなパンの会から劇場な1日

今日はなごみの里さんのパン工房をお借りしてパンの会

初参加のメンバーと、ピアの皆さんと

楽しくパンづくり

初参加のsさん一家と、穏やかにはじまる。

993983_183367635169061_493156156_n.jpg


Y君は、材料の分量を量ったり、デザートを作ったり

大活躍です。

このまま穏やかにすごすものと思っていました。

ソコへ私の携帯がなる。

ヤナ予感。

仕事に行っているはずの娘から電話

こんな時メンバーはすぐ緊急と察知する。ありがたい。

そそくさと会場を後にする私。

昨日フェイスブツクで「これからの事を考えると少しワクワクする」とつぶやいた。



油断していた。

私達の子育てはジエットコースター

油断すると急降下。


私達の子育ては綱渡り。

ボケッとしているとマッサカサマ


働き始めて4ヶ月。ブッと糸が切れた娘

夕べ階段から落ち、朝動けないとのこと

でも会社に電話を入れていない。

今月遅刻が2回、すでに病欠1回。


気がつかなかった私がバカだ。

メンタル落ちている。すっかり。

ハイテンションなので気がつかなかった。

車で部屋に向かい

肩を貸して、病院へ行く。

打撲と言うことで、痛み止めとシップ

もう仕事辞めるつもりで居るというか、本人も首になると思っていた。

家に連れて帰り、ご飯を食べさし、薬を飲ませ

静かにしておく。

息子はヘルパーさんとの外出に遅れそうになり

でも、出かけの準備はイライラするほど丁寧に

ヘルパーさんは玄関で待っている。

グッと我慢で見守る。

明るく「いってらっしゃい」と見送る

少し横になる。

私もゆとりが無い数週間

車は当て逃げ2回。逃げられなかった私にも問題があるのだ。

病院からの帰りミラーもこすった。

もうボロボロ。



夕方、娘に店長からпB首になるかと思っていたけど

「大丈夫か?」と聞いてもらえた。

障害の事も伝えてある。

「今回のことで皆さんの信用を失ったのが、とても辛い」と答えたそうだ。

そして公休の明日、仕事に行く事を自分で決めた。

「お母さん、私帰る。仕事いく。」

痛み止め飲んで、コルセット巻いて

ヨチヨチ歩きで車に乗る。

職場のチーフに電話をして、腰を痛めて思うように動けないこと。

モーニングコールしてもらいたいこと。メンタルが弱っていること。

みんな伝えて、助けてもらうようにお願いしたと。

自分で言えたのは凄いこと。


でもお母さん、浮かれないようにする。気をつける。


ヘルパーさんと外出から帰ってきた息子。

楽しそうでした。

息子のこずかい稼ぎは、食器洗い機の食器片付けとフロ洗い。

生まれてからずっと「食器洗い機」しか見ていない息子。

その食洗器が最近壊れ、私が手洗いしている。

洗いカゴにおいている食器は、タイミングが悪いとびしょ濡れだ。

いつもは送風ですっかり乾いている食器がぬれている事が多く

「なんだ!濡れているじゃないか!」と叫んだり、

おばあちゃんや私から「食器ぬれているのはしまわないで!」と言われたり

かなり混乱していたのだと思う。「この仕事で小遣いもらうの無理」と言ったこともあった。

「濡れている食器はしまわない」   

なんでこんな事が出来ないの?と思っていた。




でも今日、片付けていた息子が、

「かごの中しまえる?」と聞いてきてきて

何気に「今洗ったのもあるからネェ」と答えると

どもりながら、「あ、でも『濡れている感覚』が分かったから

乾いたのだけしまっておく」と淡々と答えた。



えっ??

「濡れていることが分からなかったの?」

そうなんか、わかったんか。

思わず「スゴイー!!分かったんだねー!!」というと

「取得した」と答えた。


「難しい言葉知っているネェ」とうれしそうにおばあちゃん。

あ、小学校3年の知能だからね。勘違いしないでね。

そこから、追い詰める事が多いから。


身に付くってすごい。感覚が分かるってスゴイ。

信頼を失ったから、何とか頑張りたいって正面から人に伝えるってホントにスゴイ。


難儀な子育てだてだとおもう。

引越ししていないのに、我が家は3回転校した。

にもかかわらず2人とも7年間ずつ不登校だった。

大学を卒業した娘は、パート短時間勤務だし、息子は在宅だ。


でも、本当にたまにだけど「ポン」と発達する。逞しくなる。

目の当たりに接して、家族で感動させてもらう。


お母さんは有頂天にはならないよ。

だってまた、落ちるから。きっとね。

でも今晩はゆっくり眠れそう。



おかあさんはさ、あなたたちが、それぞれのステージで

ゆっくり発達し続ける瞬間に立ち会える事が

泣くほどうれしい。

なんかさ、ありがとね。







posted by シンフォニーネット at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。