2013年06月23日

6/21(金)平成25年度 第1回ハーモニー手づくりパンの会 開催

この日集まったメンバーは

全員23歳の子どもがいる親たちでした

600170_165217183650773_1960877257_n.jpg

思春期から青年期

1010780_165220956983729_1214515758_n.jpg

重度知的障害のある自閉症から

高機能自閉症といわれる子ども

390083_165223596983465_23486740_n.jpg

青年期20歳前後


混沌とした時代

1010028_165224606983364_1895213393_n.jpg


巻き込まれる親


穏やかな毎日を送る親


働き続ける子どもを支え続ける親

1005585_165226853649806_1765533712_n.jpg


たいへん。すごく。




でも、今日集まった4人偶然


すべて23歳のこどもがいる。


たくさん仲間はいる。


話して、そして笑おう。

これからも。
posted by シンフォニーネット at 20:15| Comment(0) | ハーモニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

6/21(金)☆ハーモニー☆手づくりパンの会 参加者募集中

おかあさんや、ご家族の方の交流会です

パンの焼ける香りに包まれながら、いろいろ情報交換ができます

帰りは持ち帰りのパンもありますよ。入れ物を忘れずに!


日時:6月21日(金)9時〜13時【開場9時】


場所:なごみの里(下関市大字蒲生野250番地)TEL083-262-2111


参加費:正会員 1,500円  非会員 2,000円 (材料費、会場費、保険代込)


申し込み締め切り 6月19日(水)まで


申し込み・お問い合わせ シンフォニーネット事務局

083-223-5360

090-3635-4910(岸田)

posted by シンフォニーネット at 19:31| Comment(0) | ハーモニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

1129(木) ゆるゆるとパンを焼こう。ハーモニーな時間。

月に一度のパン教室。ハーモニー。
「教室」といっても、担当の@ゆうこりん1号が
ちゃっちゃっと動いてくれるので
横でウロウロ手伝うだけです。
パンの発酵する香りや
暖かい生地を触ると
とても心地よく、うれしくなります。
DSC_1139.JPG

パンってかわいいですよね♪
食べちゃうんですけど(笑)
DSC_1142.JPG

新会員のSさん、楽しんでもらえたでしょうか?
DSC_1143.JPG

こんな感じて、親の交流会もしております。
シンフオニーネット、絶賛会員募集中です!
posted by シンフォニーネット at 13:59| Comment(2) | ハーモニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

10/25(木)ほっと一息、ハーモニー♪

前夜の市立大での講演も無事おわり、
今朝はショールームの素敵なキッチンで
269866_296077837171883_1902398064_n.jpg

親の交流会ハーモニーのパンづくり
今日は参加が4名と少人数だったので
担当ゆうこりん@1号さんが自宅で半分仕込んでくれました。
ありがとう♪

ベーコン&セサミ
22290_296090983837235_875383489_n.jpg

ドライトマト&ジャコ
66511_296092927170374_382105162_n.jpg

安納芋のパン
64534_296097780503222_1510679102_n.jpg

今日も美味しく頂きました。
ほっと一息つけました。
さあ、明日は臨時総会です。
posted by シンフォニーネット at 21:35| Comment(0) | ハーモニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

新学期だものねー☆4/19パンづくりで親交流☆

4/19(木)合田燃料さんのショールームアルミュールにて

ハーモニーのパン教室でございます。

新学期も10日が過ぎて

母も子も変化の波に揉まれます。

喜びの波もあれば、むなしい波もあるわけで・・・


お子さんが学校に行っているお母さんたちの思いは

様々に膨らんでいます。パンの発酵のように

発行中.JPG


ガス抜きを上手くしないと

美味しいパンにも、楽しい子育てにも繋がりません


パンたちJPG.JPG


そして気のおけない仲間とおしゃべりして、おいしいものを一緒に食べる


4.19ハーモニー.JPG


そんな会「ハーモニー」です。





特別支援教育を受けている子どもの親は

この時期笑っていられないほど不安になります。

「担任の先生は誰なのか?」ということで

「1回のご対面」、「1回のその対応」でその後3年通えなかったということも

自閉ちゃんにはあるわけです。

先生がたは「当たり」とか「はずれ」とか

親の中で囁かれている事実を(もう30年以上も昔から)

ご存知なのかな。みんな「自分は当たりの方」と思っているのかな。



世の中で「選べない支援者」は先生だけです。

一般の企業なら「取引先を代える」ことができます。

お店なら「定員や店を代える」

医者なら「病院を代える」

すべて利用する側が代える事が出来ます。

先生だけなんです。「代える事ができない」のは。


参観日でこらえてこらえて

いつも明るいお母さんが「耐えられない」と涙する

そんな先生って「先生」なのかな。


自閉ちゃんが混乱して耳ふさぎをしているその両腕を

何度も離しに行くって

パニックを起こしている自閉ちゃんに向かって

「気持ちを切り替えろっ!!」って言ってたって

「特別支援教育」をしているという自覚があるのかな。

そんなひと、なんでお給料もらっているんだろ・・・

「耳ふさぎ」を起こさないような指導の工夫をするって

考え付かないのかな?

気持ちを切り替える事なんて

支援がないと出来ないからここにいるんじゃん


なんで給料もらっているんだろ。恥ずかしくないのかな。

民間なら職務放棄でクビだよね。



先生、アナタのその1回の指導が


その子の人生潰す事もあるんですよ。


重度だから何もわからない、何も出来ないではなくて

尊厳をもって対応してください。

もし自分なら・・・と想像することは大切です。

たとえば

大好きな大切なお母さんが「認知症」になったとします。

お母さんはもともと「一人の時間が大好き」で「音楽を聴くこと」が好きでした。

そんなお母さんがデイサービスに通うようになりました。

今日は広間で音楽の演奏会です。

たくさんの利用者さんが集まりました。あまり会話をしたことの無い人ばかりです。

担当のヘルパーさんも新しい人に代わりました。

お母さんは新しい事がたくさんで、事が飲み込めずとても不安です。

いきなりスピーカーから音楽が流れました。クラシックが好きなお母さんなのに

流れてきたのは「童謡」です。

手の動く人はタンバリンやカスタネットで参加します。リズムはバラバラ…

絶対音感のあるお母さんはスピーカーから流れる「割れた音」とバラバラなリズムや

音程の外れた歌声に、苦しくって苦しくって思わず耳を塞ぎました。

すると、新しいヘルパーさんが「〇〇さん、一緒に楽しみましょうよ!」って

その塞いだ両手を剥がします。何度も何度も剥がします。

お母さんはこらえきれずに、ヘルパーさんの腕を叩き払いました。

ヘルパーさんはびっくりして上司に報告します。

「〇〇さんは認知進んでいるけぇ、乱暴になるのは、しょうがないね。」となりました。

愛する大切なお母さんは、デイサービスでは

「認知の進んだ、時々乱暴になる人」と受け止められています。

お母さんは、家に帰ると泣きながら叫びます。

不安が強くなって夜も何度も起きてアナタを起こします。

アナタは夜も充分に寝る事が出来ません。

原因はわかっているのです。

でも言うとお母さんへの対応が悪くなるのではないかと

正直言えません。



こんな状況辛いですよね。

こんな時は、地域のケアマネージャーさんに相談して

デイサービスの施設を代えましょうか?

そうですね。それはいい考えです。



でも、学校は・・・代えられません。

担任も、選べません。

子どもは

決められたところへ行くのです。



どうぞ先生、センスを身に付けてくださいね。



美味しいパンをいただきながら

若いお母さんたちの声に耳を傾け

そう思ったことでした・・・

posted by シンフォニーネット at 11:04| Comment(3) | ハーモニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。